*

ミスをカバーできる余裕

外為取引をはじめたばかりの方が相場の要を見つけるには第一にトレードを積んでいく事が大事です。

特に、前もって危険を予期するようになるようになるには、ポカを繰り返す事も大事です。

 

言うまでも無く、マイナスになるといっても立ち上がれなくなるほど大きな損をしてはいけません。

 

取り返しが付くミスを実践する事が最終的に自らの経験を増やしてくれる。

 

こう考えると初めは少ない額で売り買いをして、そこでいくつか簡単な損をすることを推奨します。

 

例えとして、100万円しか資金がない場面で、最初から全部投資して売買すると、ミスした時今後立ち直れなくなってしまう心配があります。

 

それならば、一例として資金の10%ずつ小分けして注文してここで勝ち負けを重ねた方が次第にマイナスを減らす術なども学んでいくはずです。

 

はじめにわずかな額で売買する事の長所は、経験値を高め負けをコントロールする方法を身につけることにあるが合わせて、売り買いの回数を重ねる事で、リスクを削減できるという利点もあります。

 

一例として、1回のトレードで勝率が5割だとしよう。

 

この場合、同じ条件でマイナスになるリスクもあります。

 

勝率50%ということは五分五分の割合で勝利できる事を言い表しています。

 

ところが、全ての投資資金を賭けて1度のみのエントリーをするということは明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

これはただ1度の丁半バクチと同じ。

 

つまり、全ての資金をつぎ込んで1度だけしか売買しないと、その分だけ損失が生じる確率が大きくなります。

 

だから、資金を1度に全部投入するのではなく何回もに分けて、投資機会を重ねる事がリスク分散となります。

 

また何回かに分けたとしてもすべての取引でプラスにする事は大事ではありません。

 

勝利する事が出来ないのが現実だ。

 

重要なのは、勝つ確率ではなく、どのように稼ぐかです。

 

勝率5割でも、仮に勝率が低くても利益を出す事は出来ます。

 

7割負けても損がわずかならばわずかな勝ちの儲けの大きさだけで十分儲けられる。

 

そのためには、損を少なくして、儲けを大きくして心がけることです。

 

損失が生じたら直ちに損失を確定して反対に勝った状況では上手に利益を上げることが、FX取引初めての方が外為取引でプラスになるための方法です。

 

次の記事も読んでね!!

  1. ミスをカバーできる余裕
  2. テスト


コメントする