*

お試し

臭いとは、生きている証

体臭って、いろんな原因によりますよね。

たとえば、緊張しているときに口の中がカラカラに乾いて口臭がきつくなったり。

睡眠不足や過労、病気などによる体臭もあります。

私もちょっとした心がけで防げるものは、可能な限りエチケットとして実践しています。

汗をかいたらシャワーを浴びたり、着替えたり、デオドラントシートを活用するなどして清潔感を保つようにしています。

しかし、超汗かきな私は、夏場に冷房の効いた部屋にいても、真冬でも、周囲の温度に関係なく汗っかきで、しかもワキガ。

内臓脂肪が多めの人は、脳が「身体を冷やさなきゃ」って勘違して発汗させようとするらしいのですが、20年来の脂肪肝の私これも当てはまります。

体質に加え、緊張しやすい性格で、もちろん暑がり。

だからちょっと動いたり緊張したりすると口から、脇から、全身から、臭いがしてきます。

もう開き直って周囲に「ちょっと汗かきすぎちゃって。」とオープンに言えればいいんですけどね。

「生きてるから仕方ないよね。」「フランスあたりじゃ、文化なんだけどね。」って。

言えれば。

まあ、死んじゃったら生前の行いや言動はともかく「あの人臭かったね」なんて言われることあまりないと思いますし、第一言われても聞こえませんし、どう臭いを出さずに生きていくかよりも、それ以上のものを残せればいいかななんて、最近達観しつつあります。

臭い対策方法

育毛用の食事とシャンプーで対策をしています

育毛用の食事とシャンプーで対策をしていますので紹介します。

抜け毛が始まった時、私は認めたくありませんでした。

初めて気づいたきっかけは、シャンプーの後の排水溝の毛の量の多さでした。

私は毎日シャンプーの後にチェックするのですが、ある日見てみると毛の量が明らかに多いのです。

たまたま毛が抜ける周期だったのかなと思い翌日、また見てみるとまた多いです。認めたくなかったので、まあ勘違いかなともう一度思って、さらに翌日。

また大量の毛が。認めざるを得ませんでした。

一度気づいてみればいろんな所に気がつきます。

枕に髪の毛がついてますし、家の床にもあります。鏡で見てみると全体がほんわりと薄いのです。

気づいてからは対策のためにまずは育毛用の食事を食べました。

わかめなど海草類です。身体の中から抜け毛対策をしないといけません。

それからは育毛シャンプー系ですね。

高いお金を払って様々な物をとっかえひっかえ試していました。

その回があっては、抜け毛が始まってから数ヶ月後には、枕についている抜け毛やシャンプー後の抜け毛が減って、私は嬉しかったのを覚えています。

ココで紹介するのは、薄毛の悩みの体験談にまつわる専用サイトです。多くの方の薄毛の悩みの体験談お役立ち情報を紹介してくれています。

薄毛の悩み体験談


テスト

テスト記事です。